マッチングアプリ攻略

マッチングアプリで起こる怖い出来事5選!対策や実際に会うためのコツを紹介

「マッチングアプリって顔が見えないからなんだか怖い」
「結構危ない目に遭うことがあるってイメージがあるんだけど本当なの?」

確かに顔の見えないネット上の出会いに不安はつきものです。

実際に出会い系でマッチングした相手とのデートで怖い思いをしたと言う人も一定数いるのは事実。

そこで今回はマッチングアプリで起こる怖いことを5つ、そして怖い思いをしないための回避法や対策をお伝えします。

  • マッチングアプリでの出会いに不安がある
  • 実際に起きた怖い事例を知っておきたい
  • 怖いことに直面した際の対処法が知りたい

こんなあなたに向けた記事です。

安心安全にマッチングアプリを利用して出会いを探しためにぜひ参考にしてくださいね。

マッチングアプリで起こる怖いこと5選!

具体的にどのような怖いことが起こるのかを知っておくことが大事です。

まずはネットで起こり得る怖いことを解説していきます。

身バレ

マッチングアプリで起こる怖いこと1つ目は身バレです。

個人情報の特定であったり、周囲にマッチングアプリを利用していることがバレること。

特に怖いのは自宅や会社を特定され、ネットストーカーや実際に職場まで押しかけてくるような人がいることがあります。

事件

マッチングアプリで起こる怖いこと2つ目は事件です。

特に多いのが女性の性被害。

もちろん真剣に相手を探している真面目な会員がほとんどですが、一部の男性が密室でレイプ、セクハラをするようなこともあります。

最悪殺人に発展したような事例もあり、注意は必要です。

ヤリモク

マッチングアプリで起こる怖いこと3つ目はヤリモクです。

セックス目的の男性とマッチングしてしまい、ホテルで関係を持ったら翌日から音信不通というようなことは珍しくありません。

実際筆者の友人もマッチング後に即家でセックス、翌日から着信拒否をされて傷ついていました。

男性もヤリモク・飯モク女性にあたることもあるので注意が必要です。

詐欺や業者

マッチングアプリで起こる怖いこと4つ目は詐欺や勧誘です。

メッセージの時点で勧誘してくることもありますし、デートの場でいきなり会合に誘われることもあります。

筆者もデートの場所で「身分証持ってる?この後集まりがあるから行かない?」と言われてついていったらマルチのパーティだったという経験が。

運営もチェックはしているようですが、個人で活動している勧誘業者が入り込んでいることもあります。

なれそめ

マッチングアプリで起こる怖いこと5つ目はなれそめです。

結婚式や友人への紹介の際に馴れ初めを聞かれて「マッチングアプリ」と言いづらい、聞かれたくない人が多いんですね。

最近はマッチングアプリでの出会いも珍しくはありませんが、年代や周囲の価値観によっては言いづらいこともあるようです。

マッチングアプリで怖い思いをしないための対策

次にマッチングアプリで怖い思いをしないための対策を知っておきましょう。

先ほどの事件を踏まえつつ、怖い思いをしないように回避方や対処法を解説していきます。

相手のプロフィールで見分ける

マッチングアプリのプロフィールで相手の人柄や誠意を見分けましょう。

相手 特徴
ヤリモク
  • プロフィールが極端に短い
  • 顔写真を設定していない
  • ”夜”に会える人と限定している
詐欺・勧誘
  • 自由・起業などのワードが頻出
  • プロフィール写真が札束・夜景
  • ビジネスに興味のある方などの文言が入っている

プロフィールに以上のような特徴がある人は、少なくとも真剣な相手探しをしていない可能性が高いです。

ヤリモクや詐欺・勧誘を避けるためには相手のプロフィールをしっかり読み込み、違和感がないかチェックしてみてください。

メッセージの違和感をチェック

マッチングアプリ上でのメッセージでもヤリモクや業者を見分けられます。

相手 特徴
ヤリモク
  • 平日夜遅くに会いたがる
  • お酒を飲みましょうと強調してくる
  • すぐ連絡先交換をしたがる
詐欺・勧誘
  • ビジネスをしていると言ってくる
  • デートに非常に積極的
事件系
  • 相手の居住地などをやたら質問してくる
  • 家族・周囲の友人のことを気にする

ヤリモクやレイプ目的の場合は平日の夜遅くを指定してくることが多いです。

お酒を持ち出してくるのも特徴、さらに個室のお店を予約してきたら要注意。

マルチ勧誘の場合は時間は問いませんがデートに非常に積極的かつビジネスの話をジャブで打ってくることが多いです。

事件性のある人は相手が家族と同居しているか、居住地はどこかなど個人的なことをグイグイ質問してきます。

ちょっとでも「この人変だな?」と思ったらデートには慎重になりましょう。

口コミ評判の良いアプリを利用する

アプリを選ぶ際は口コミ評判の良いものを利用しましょう。

真剣な出会い探しをしたいのであれば、Omiaiやwith、marrishなどの真剣度の高いアプリを利用すること。

一方DineやTinderなど出会いやすいアプリは、ヤリモクも一定数いるので相手選びは慎重にしてくださいね。

密室に連れ込まれた場合は入り口側をキープ

いざデートの場所に行ったら密室だった場合、断れずにカラオケに行ってしまったなどの場合は入り口をキープしてください。

即座に逃げられるようにするためです。

コートや鞄は身の回りにおいておき、セクハラや不審な点があったら逃げ出せる準備をしておきましょう。

勧誘や投資話を持ちかけられたら即座に帰宅

デートで勧誘・投資話を持ち帰られたら即座に帰宅しましょう。

「自分は断れる」と自信を持っている人ほど、案外あっさりと詐欺に引っかかるものです。

特に勧誘は個人だけでなく、自分の上の立場や仲間も利用してあなたをグループに引き込もうとします。

間違っても「会合に行ってみよう」などという誘いに乗ってはいけません。

「怪しいな」と思ったら即座に帰宅することを心がけてください。

まとめ

今回はマッチングアプリで起こり得る怖いことを5つと対処法を紹介しました。

プロフィールの自己紹介文やメッセージから不審な点を見分けることもできます。

少しでも違和感を感じたら会わない、これを徹底してください。

ほとんどのマッチングアプリは安全ですが、万が一のこともあることは常に自覚しておくこと。

また自己紹介文の時点で”真剣にアプリを利用している”という目的を明確化することで、詐欺やヤリモクを回避することもできます。

正しいプロフィール作成や写真撮影については下記の記事も参照してください。

プロフィール文の添削・作成

安心して出会いを掴むためにもこの記事の内容を頭に入れておいてくださいね!

-マッチングアプリ攻略

© 2020 PHOTOJOY MAGAZINE Powered by AFFINGER5