プロフィール 写真 恋活・婚活マッチングアプリ攻略

女性にモテる!マッチングアプリの自己紹介文・プロフィール文の書き方と写真の例

2020年6月16日

マッチングアプリで出会いを探しているけど思い通りに出会えない

なかなか意中の女性とマッチしない...

 

その原因は100%プロフィールにあります。

これまで、3,000名以上のプロフィール写真を撮影し、プロフィール文章を見てきたので断言します。

マッチングアプリは、プロフィール写真と文章が命です。

ですが、ほとんどの人がオリジナルな絶対にマッチできない写真を載せたり、何の魅力もないプロフィール文章書いている人がほとんどです...

「いやいや、自分のやり方でマッチできるから大丈夫..」

心の中でこのように思ってい人は一生女性と出会えません。

ですので、今回は、女性の心をつかむプロフィール写真例とプロフィール文章の例文を紹介していきます。

記事監修者

PhotojoyのJOY

・マッチングアプリのプロフ写真に特化した撮影サービス「Photojoy」代表
・プロフィール添削専門家/恋活婚活ファッション専門家連携
・1年半で3,000名以上のユーザーを撮影
・婚活アプリ「Pairsエンゲージ」の写真プロコーチも兼務
・友人紹介型のマッチングアプリ開発経験を経てPhotojoyを開始。

Photojoyとは...

PhotojoyのJOY

真剣に恋愛人生を逆転したい人だけ、お待ちしております!

Photojoy公式サイトへ

撮影会イベントはこちらへ

 

プロフィールで最も重要なのは写真

マッチングアプリではプロフィール写真が最も重要ですが、なぜ重要なのかを元マッチングアプリ開発者の観点から説明していきます。

異性が最初に見るところ

どのマッチングアプリでも写真をメインにしており、異性に自分の写真が一番大きく表示されます。そして、補足的にプロフィール文や趣味などが併記されています。

異性への最初のアプローチは写真で始まるので、写真が無いと異性からスルーされあなたの事を見てくれません。

写真が無いと異性と出会えないのがマッチングアプリの特徴です。

また、マッチングアプリにおいて男女ともに相手のプロフィール写真を最も重要視していることが明らかになっています。

マッチングアプリ調査概要

マッチングアプリ写真調査

データ引用元

プロフィール写真で印象が決まる

マッチまでの流れ

プロフィールメイン写真→プロフィールサブ写真→プロフィール文章

マッチングアプリ上で視覚情報として判断できる情報はプロフィール写真だけです。なので、写真であなたの第一印象が決まります。

写真で異性にアピールをして異性の目を引き付ける事をできた人だけが、プロフィール文章が読まれます。

写真が自撮り写真でダサかったり、暗い写真の場合は異性にスルーされ出会えたはずの異性とも出会えなくなります。

メイン写真とサブ写真どちらも重要

マッチングアプリのプロフィール写真は、あなたの印象を第一想起させる「メイン写真」と趣味・性格を連想させる「サブ写真」に大きく分類できます。

マッチングアプリ上では、メイン写真の質が悪ければサブ写真は見られず、サブ写真の質が悪ければプロフィール文章を閲覧されずにスルーされるでしょう。

それを防ぐためには、メイン写真とサブ写真は質の高い写真で設定しておくことが得策です。

また、どのマッチングアプリでも登録できるメイン写真は1枚、サブ写真は5枚~8枚程です。

では、メイン写真とサブ写真をどのような写真で登録すれば良いのかを実例写真を元に解説していきます。

モテるプロフィール写真のメイン写真例

 

そもそもですが、マッチングアプリのプロフィール写真では自撮りは基本的にNGです。

自撮り写真はインカメラになるので画質が汚くなり、カメラとの距離感や構図が難しいので、綺麗な写真は撮れません。

特に男性の場合は自撮りすることに慣れていなかったり、女性のように角度を変えて写真を盛ることもできません。

自撮り写真はほぼマッチしないので注意が必要です。

それではメイン写真で抑えるべきポイントを3つ解説していきます。

  • バストアップ

アップの写真はアプリ上の検索画面上で目立ちすぎてしまい、女性に圧迫感を与えてしまいます。

逆に、全身写真だと雰囲気は伝わりますが、顔が見えず他の男性に紛れて異性の目には留まりません。

アップ過ぎず、引きすぎず、その人の雰囲気が一番わかるちょうどいいバランスなのがバストアップの写真です。

  • 自然な笑顔

笑顔の写真は写真を見ている人も自然に笑顔にさせるミラー効果が働きます。

女性は写真を通じてあなたの第一印象を判断しますが、笑顔の写真は女性に安心感を与えます。

  • 顔のサイズ比率は写真全体の9分の2以内

顔のサイズ比率が写真全体の9分2以内である写真が一番マッチングすると、大手マッチングアプリ会社さんと提携する中で判明しています。

画像に様にプロフィール写真を9分割して、黄色部分に顔を収めるのがベストだと言われています。

モテるプロフィール写真のサブ写真例

サブ写真は気を抜く人が多いので要注意です。異性はすべてのあなたの情報を見たうえで相手を選びます。


メイン写真が綺麗なのに、サブ写真がダサくてマッチしない人を多く見てきました。どのようなサブ写真が最も良いのか4ツのパターンを解説していきます。

  • 全身写真

その人のスタイルや雰囲気が伝わる写真を選びます。また、服装でのその人の清潔感が伝わるので、全身写真を撮るときはオシャレにも気を使った方がマッチしやすいです。

  • 後ろ姿

後ろ姿ではっきり顔が見えない写真は雰囲気を演出することができます。メイン写真とは違う雰囲気のある一面を見せてあげることが重要です。


この手法、「理想化」と言われている心理学的観点を用いたアプローチ方法です。人間は誰しも、見えない部分を勝手に補完する性質を持っています。

マスクをしている女性が魅力的に映る「マスク美人」もこの理想化が働いています。

  • 味が伝わる

趣味の写真はメッセージの会話のネタにもなります。もし異性の趣味と同じであればデートのイメージを相手に第一早期させることができます。

これも先ほど述べた理想化と同じ現象です。

  • ペットと一緒に写っている

犬と写ってる写真

動物の写真は女性を安心させる効果があります。女性は生まれながらにして可愛いものに惹かれる傾向にあります。

動物の中でも犬や猫などの小動物系は「癒し」対象として女性は判断するので、自然に安心感をあなたに抱くことになります。

これでプロフィール写真の攻略は十分でしょう。

モテるプロフ写真を撮影する

【男性向け】プロフィール文章の例文と書き方例

 

マッチング率がアップするプロフィール文章・自己紹介の書き方は男女共通です。1つずつ解説していくので、自分のプロフィール文章・自己紹介と見比べながら読み進めてください。

自己紹介文章は300文字程度がベスト

マッチングアプリはスマホで閲覧している人がほとんど。そのため、自己紹介文はワンスクロールで見られる300文字程度の長さがベストです。


短すぎると誠意が感じられず、長すぎると読むのが億劫になります。1画面に収まる程度の長さに調整すると、異性の会員からも読みやすい自己紹介になります。

自己紹介文章に入れるべき項目5選

自己紹介文章・プロフィール文章に書くべき項目を5つ紹介します!

挨拶と自己紹介

文章の初めには、軽い挨拶と自己紹介文を入れておきましょう。

多くの会員はプロフィールの名前は読み飛ばしているので、最初に名前を入れておくのが正解。親しみやすく、実際に話をしているような雰囲気を出すのがポイントです。

マッチングアプリに登録した理由

次にどうしてマッチングアプリに登録したかを書きましょう。恋活・婚活など目的を明確に記載することで、要望にマッチしたお相手を絞り込めるからです。

婚活したいのに結婚は考えていない異性から連絡が来てもガッカリしてしまいますよね?

こういった無駄を省くためにも、最初にマッチングアプリに登録した理由と目的を書いておきましょう。

自分の性格

あなたの人となりを知ってもらうために、次は性格を書きましょう。なるべく良い面をアピールし、どんな人間なのかを分かりやすく書くことが重要です。

基本的にネガティブな部分は書かず、ポジティブな面をアピールするようにしてください。長所が思いつかない場合は、短所を言い換えてみると良いです。

例として“人見知り”であれば、じっくり人間関係を築くタイプです、と言い換えられます。

あなたがどんな人か知ってもらう最初のチャンスなので、自分の性格をよく考えてから書いてくださいね。

自分の趣味

性格の次に書いておくべきは自分の趣味です。マッチング後のメッセージの話のネタになり、またデートのきっかけにもなります。

例として「食べ歩きが大好きです」と書いておけば、異性から「美味しいお店があるので行きませんか?」と誘えますよね。

お相手にあなたとの会話のネタをあらかじめ提供しておくと、メッセージもスムーズにいきますよ。

出会いたい女性のタイプを詳細に

次に書いておくべきは出会いたい異性のタイプです。

プロフィールを読んでいる異性があなたの理想のタイプに少しでも当てはまっていたら、いいね!やメッセージを送りやすくなります。

あなたが男性であれば、「見た目にはこだわりませんが、性格は温厚な方が良いなと思っています。デートでは食べ歩きをしたり、旅行に出かけたりできたら嬉しいです」

あまり限定せず、ちょっと曖昧な書き方をしておくのがポイント。

どんなデートを希望しているかも書いておくと、異性があなたを誘いやすくなります。

プロフィールの項目は全て埋める

自己紹介文の入力の他に、プロフィールの項目は全て埋めておきましょう。
基本情報しか書かれていないと「真剣に相手を探しているの?」という疑念を相手に抱かせます。

結婚歴やタバコなど、ちょっと気まずいことも正直に書いておいて方が後々デートした時に弁解しなくて済みますよ。

また本人確認や年収証明をしておくと、お相手からの信頼度がアップするのでマッチング率が上がります。
ネット上の出会いのため、会員は特に相手の誠意や熱意をよく見ているもの。

プロフィールの項目は全て詳細に埋めておくことを意識しましょう。

プロフィール文章の添削を受ける

好感度の高い自己紹介文章の書き方・例文

 

ポイントを頭に入れたら、早速プロフィール文章を書き直してみましょう。異性に好感度の高いプロフィール例文を紹介するので、お手本にしてみてくださいね。

【男性向け】女性とマッチングしやすいプロフィール文章の例文

初めまして!コウジと申します。
そろそろクリスマス、独り身が寂しい季節になり、恋がしたくて登録しました。見た目はちょっとチャラそうに見えますが、中身は純粋です!

彼女ができたらかなり尽くすタイプで、歴代彼女にも優男の称号をもらってきました(笑)

趣味はキャンプや釣りで、女性は興味がないかもしれませんが一度一緒についてきてくれれば楽しさを教える自信があります!

お酒も好きなので、一緒にバーとかも行けたらいいなと思います。このサイトでは、アウトドアが好きな女性と会えたらと思っています。

二人でキャンプしたり、冬はスキーしたり、年中楽しみたいです。真剣に恋をしたい方はぜひ声をかけてください。

女性は受け身、または警戒心が強い人が多いので、真剣に恋愛・結婚を考えている旨は必ず入れておきたい言葉です。

マッチングサイトでは、まれにやり逃げをするような悪質なユーザーもいます。女性が警戒心を持たないよう、安心させるような文章を書きましょう。

最後に


マッチングアプリのプロフィール写真例と自己紹介の例文を紹介しました。異性の会員はあなたの写真と自己紹介しか判断材料がありません。

そのため、自己紹介文やプロフィール写真は非常に重要なポイントなのです。

マッチング率が劇的に上げるためにプロフィール写真と自己紹介文を変更してみてください。

モテるプロフ写真とプロフィールをセットで申し込む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

恋活・婚活のプロフ撮影サービスに特化したPhotojoyが立ち上げたWebメディア。女性に嫌われないための外見と恋活・婚活で上手くいくための情報を総合的にプロヂュースしています。

-プロフィール, 写真, 恋活・婚活マッチングアプリ攻略
-,

© 2020 PHOTOJOY MAGAZINE Powered by AFFINGER5