マッチングアプリ攻略 メッセージ

マッチングアプリで送るメッセージの頻度は?デートに誘うタイミングも解説

2020年6月17日

「素敵な異性とマッチング!ついにメッセージが始まったけど、どれくらいの頻度がうまくいきやすい?」

マッチングアプリでは、お互いにいいね!を送りあったらメッセージができる仕組みのものがほとんど。

しかしメッセージの頻度を間違えると、次の段階であるデートに進みづらくなる可能性があります。今回は適切なメッセージの頻度とデートに誘うタイミングについて徹底解説。マッチングしたばかりでメッセージ頻度にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

PhotojoyのJoy
PhotojoyのJoy

☆本記事のライター☆
◆Pairsエンゲージ「フォト部門」プロコーチ
◆マッチングアプリ開発経験
◆Photojoy代表カメラマン

メッセージの頻度や返信時間などの注意点をいくつか紹介していきす。

デートに繋げるためにも好印象を与えるメッセージの送り方を頭に入れておきましょう。

メッセージの頻度は1日1〜3往復程度。メッセージの頻度は1日1〜3往復程度がベストです。

相手が連絡がマメかどうかによっても頻度は変わりますが、メッセージを始めたばかりの頃は1〜3往復に収めましょう。

関係が深まり、お互いの生活リズムをつかんだら状況に応じてメッセージ数を増減させてください。

メッセージのラリーが続く場合、適度に終わらせておくのもテクニックの1つ。
手に物足りない、もっと話したいと思わせると、相手の心を引きつけることができますよ。

また、メッセージをする際に話題で話が尽きないようにするために、ロフィールでしっかり自分のことをアピールすることも大事。

さりげなくアピールできるような文章を書くことで、相手に興味をひかせることができます。

一緒に読みたい【デキる例文】女性にモテる!マッチングアプリの自己紹介・プロフィールの書き方と写真の例

マッチングアプリで出会いを探しているけど思い通りに出会えない。その原因は100%プロフィールにあります。 マッチングアプリのプロフィールで重要なのは写真と自己紹介です。マッチングアプリで最も重要な写真 ...

続きを見る

多すぎると面倒になる

なぜ1〜3往復がベストなのかというと、あまりにメッセージが続くと返信が面倒になるからです。

最初のうちは気を遣って返信していても、徐々に頻度が高すぎると面倒になってきます。

張り切って飛ばしすぎると、会話のネタもなくなってきてしまうのでグッとこらえて少なめにしておきましょう。

返信は1時間以内がベター

最初のうちは返信は早めに送りましょう。

時間でいうと相手のメッセージが届いてから1時間以内がベストです。

仕事中など手が離せない場合は仕方がありませんが、なるべく早く返信する方が好印象。

あまりに遅いと相手も不安になったり、脈なしと判断して他の会員を探してしまう可能性があります。

なるべく1時間以内に返信するようにしましょう。返信が遅くなった場合は「仕事で遅くなりました」など理由を伝えてあげてください。

相手の生活リズムに合わせて送る

自分からメッセージを送る場合は、相手の生活リズムを考慮して送りましょう。

例えば会社員であれば平日は通勤中・昼休み・夜間あたりがメールのやり取りがスムーズです。

逆に自営業や勤務時間が不規則な相手の場合は、相手にいつが返信しやすいか聞いてみると良いですね。

休日や相手の生活時間帯を把握しておくと、デートのお誘いもしやすくなります。

相手から返信が来ないうちは連投しないこと

メッセージの返信が相手からなくても連投しないようにしましょう。

仕事や飲み会などプライベートの予定で返信できない可能性もあります。

不安だからといって連投してしまうと、相手から面倒・または怖いと思われてしまうリスクがあるんです。

相手のリズムに合わせて、返信がこないうちは待つのが正解。

万が一数日経っても返信がこない場合は、もう諦めて次に行くことです。

マッチングアプリにはたくさんの会員がいます。あなたにぴったりな相手は他にいるかもしれませんよ。

最初は敬語でメッセージを送る

年が同じでも初対面の相手なので、最初は敬語でメッセージを送りましょう。

最初からタメ口を使うと「馴れ馴れしい」「礼儀がない」と悪印象を与えます。

男性の場合は女性から「チャラそう」と思われてしまうこともあるでしょう。

仲良くなってきたらお互いに自然と口調も変わってくるはず。最初のうちは相手の心象を悪くしないように、実際に会うまで礼儀を忘れずに接しましょう。

マッチングアプリでデートに誘うタイミング

メッセージが始まったら、次はいつデートに誘えば良いか気になりますよね。

実はマッチングアプリでデートに誘うタイミングは3日〜1週間程度たってからがベストです。

なぜこの期間にお誘いをかけるのが良いのか理由を説明していきます。

マッチング後、すぐは急ぎすぎ

マッチングした即日や2日目にデートに誘うのは少々焦っている印象を与えます。

特に男性が1日目に「デートしませんか?」と誘うと、女性は警戒心を持つので3日程度は待つのがベスト。

例外としてDineなどすぐに会えることを前提としたアプリを利用している場合は別ですが、通常の婚活・恋活アプリの場合はメッセージでお互いを知り合ってからにしましょう。

お互いに熱量がさめてない時期

なぜ3日〜1週間がベストなのかというと、お互いにマッチング後の熱量が冷めていない時期だからです。

メッセージをし始めた当初はお互いに恋愛へのドキドキ感があり、相手への期待も膨らんでいる状態。

その状態でお誘いをかけると、ぜひ会ってみたいと行動を起こしやすくなるんです。

また3日程度たつと自己紹介も終わり、3通から10通程度のメッセージをやり取りし終わっていますよね。

お互いに警戒心もなくなり、相手と仲良くなりつつある時期なので抵抗なくデートに進めます。

おそ過ぎると互いに誘いづらくなる

マッチングしてから1ヶ月程度経つと、お互いにデートに誘うタイミングがなくなります。

なかなかデートに誘ってくれないから、自分に脈がないんだろう」と思われてしまうこともあるんです。

最初の熱量も冷めてしまうので、初めての顔合わせが面倒になってくる時期でもあります。

せっかくたくさんの会員の中からマッチングしたのですから、デートに進むタイミングは逃したくないですよね。

1週間以内、遅くても2週間以内にはデートに誘って出かけるようにしましょう。

男性から誘うのがベスト

デートには男性から誘うのがベストです。どうしても女性は受け身になりがちで、デートは男性から誘って欲しいと思ってしまうもの。

男性も「断られたらどうしよう」など不安はあると思いますが、思い切ってデートに誘ってあげてください。

相手のプロフィールの趣味の項目を読むと、デートのきっかけが見つかりやすくなります。

参考【デキる例文】女性にモテる!マッチングアプリの自己紹介・プロフィールの書き方と写真の例

マッチングアプリで出会いを探しているけど思い通りに出会えない。その原因は100%プロフィールにあります。 マッチングアプリのプロフィールで重要なのは写真と自己紹介です。マッチングアプリで最も重要な写真 ...

続きを見る

例えば相手が食べ歩きが趣味なら「食べ歩きが趣味なんですよね?美味しいお店教えてください。

よかったら一緒に行きたいです」のように誘うと自然です。

LINE交換はデート後の約束をしてからするとスムーズに

お互いのプライベートの連絡先はデートの約束をしてからするとスムーズです。

基本的に顔合わせの約束が決まるまではアプリ上で連絡し「当日連絡を取りたいのでLINE交換しておきませんか?」と持ちかけると良いでしょう。

すぐにLINEを聞くと警戒してしまう女性が多いからです。自然な流れで連絡先を交換できるので、ぜひ先にデートの約束を取り付けてから相手の連絡先を聞いてみてくださいね。

メッセージを攻略して素敵な恋愛を始めよう

初めて送り合うメッセージの印象はとても重要です。マッチングしてもメッセージの印象が悪いとデートに繋がりません。

逆に適当にいいね!してマッチングしたとしても、メッセージで会話が盛り上がればお互いに意識しあえる仲になれます。

最初のうちは控えめに1〜3通程度のメッセージを送りあい、相手の情報や生活リズムを把握しましょう。そして仲良くラリーが続くようになったら、お互いの熱量が冷めないうちにデートのお誘いをかけてみてください。メッセージは二人の恋の始まりのフェーズ、気合いを入れて挑みましょう!

こちらもCHECK

【2020年版】マッチングアプリで使えるプロフィール写真が撮れる撮影サービス5選

「マッチングアプリのプロフィール写真にお金を使うの?」 そう疑問に思う方もいるかもしれませんが、プロフィール写真を揃えておけば確実に女性と出会える数は増えます。マッチングアプリではプロフ写真が命と言っ ...

続きを見る

-マッチングアプリ攻略, メッセージ

© 2020 PHOTOJOY MAGAZINE Powered by AFFINGER5