Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)のプロフィール写真、おすすめの撮り方について解説

2021年2月4日

Pairs(ペアーズ)のプロフィール写真、おすすめの撮り方について解説

「Pairs(ペアーズ)の写真はどうしたらいいのだろうか」
「Pairs(ペアーズ)いいねが増えないのは写真のせいだろうか」

マッチングアプリのPairs(ペアーズ)で写真が大きく表示されるため写真は非常に重要です。
しかし、どんな写真がいいのか、どんな写真がダメなのか分からず心配になる気持ちよく分かります。

そこで今はPairs(ペアーズ)でいいねをもらえる写真について紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)でモテるには写真が重要

Pairs(ペアーズ)でモテるには写真が重要

Pairs(ペアーズ)では検索画面の大部分がメイン写真で占められており、写真で気になった人だけプロフィールを見れるという仕組みになっています。

そのため、写真で異性の興味を引けなかった場合は中身を見てもらえず、モテることはできません。

だからこそPairs(ペアーズ)では写真が最も重要であると言われています。

【男女共通】Pairs(ペアーズ)でいいねが増える写真ルール

【男女共通】Pairs(ペアーズ)でいいねが増える写真ルール

Pairs(ペアーズ)の人気会員と呼ばれる「いいね」が500+ある人の写真には共通点があります。
その中でも難しいことはなく、誰にでも取り入れられるいいねが増える6つのルールをピックアップしました。

Pairs(ペアーズ)で「いいね」が増える写真のルールをマスターして、良い出会いを見つけましょう。

笑顔が異性受け抜群

笑顔が異性受け抜群

笑顔の写真が人気が最も高いです。
Pairs(ペアーズ)では恋人〜結婚相手を探している人が多いため、親しみやすさや優しい雰囲気は好印象になります。

写真だけでも一緒にいて楽しくなれそうかを判断されているので、2~3枚程度は笑顔の写真を用意しておきましょう。

自然体のポージング

自然体のポージング

日常の一枚や、旅行先で撮った写真が人気です。
Pairs(ペアーズ)では恋人探しをしている方が多いことから、趣味や好きなものが分かるので安心感がでます。
サブ写真にも数枚載せることになるので2~3枚程度あると良いでしょう。

後ほど紹介しますが、日常にはない決めすぎな写真や自撮りはNGです。

屋外の自然光

屋外の自然光

屋外の自然光には印象を柔らかくする効果があります。
表情だけでなく、全体のイメージから意識をしておくとより良い写真になります。
また屋外で撮ることで顔だけでなく、背景にも目がいくようになるため表情に自信がない方は特におすすめです。

自分の個性を伝える写真をいれる

自分の個性を伝える写真をいれる

見た目の良い写真だけでなく、自分の個性を伝える写真を入れましょう。
ただ日常を伝えるSNSではなく、マッチングアプリであることを忘れてはいけません。
人の目を引く写真をあげるだけでなく、異性が話をしてみたいと思える写真を上げましょう。

Pairs(ペアーズ)であればコミュニティとマッチした写真をあげることで好みを分かりやすく伝えることができます。

1年以内の写真

1年以内の写真

マッチングアプリでは写真と実際に会った人の顔が全然違うという経験をされた方が多いため、最近の写真を載せることが安心感につながります。
特にPairs(ペアーズ)では新しい会員がどんどん入ってくるので、古い写真は違和感を与えます。

また新しい写真が複数あることで、遊びに行く友達も多く交友関係がしっかりしていそうと感じさせることができます。

他人に撮ってもらう

他人に撮ってもらう

モデルさんほど顔に自信がない限りは他人に写真を撮ってもらいましょう。
他人に撮ってもらうことで先述した「笑顔」「個性」を伝えやすくなります。

Pairs(ペアーズ)では他の人と同じ画面に写真が並ぶため、自撮りした写真は悪目立ちをしてしまします。

【男女共通】Pairs(ペアーズ)のメイン写真とサブ写真のコツ

【男女共通】Pairs(ペアーズ)のメイン写真とサブ写真のコツ

Pairs(ペアーズ)の写真にはメイン写真とサブ写真があります。
それぞれの目的に合わせたいいねがもらえるコツを紹介します。

メイン写真は顔が分かるように

メイン写真は顔が分かるように

約95%の方は顔を載せているため、顔が載っていないとマッチング率は劇的に下がってしまいます。
また、Pairs(ペアーズ)には多くの会員が登録しているため顔が見にくいだけでも見てもらえない可能性があります。
そのためパッとみて顔が分かる写真を載せることがおすすめです。

サブ写真は3〜5枚で人柄を伝える

サブ写真は3〜5枚で人柄を伝える

サブ写真はあなたにより深く興味を持ってもらう場所です。
最低でも3~5枚は載せて自分の人柄や趣味について知ってもらい、プロフィールを読んでもらうきっかけにしましょう。

【女性向け】Pairs(ペアーズ)でおすすめのメイン・サブ写真

女性向けのおすすめの写真について紹介をしていきます。

メイン写真の撮り方のコツ

先述したメイン写真のポイントと別に、理想の人に会うのためのコツをお伝えします。

年相応の雰囲気

年相応の雰囲気

Pairs(ペアーズ)では様々な年齢の方がいるため、会ってみたい相手に合わせた雰囲気作りをしましょう。
年齢差があまりにある人からいいねが来たとしても、会おうと思えない人であったら意味がありません。
また自分がいいなと思った人にも良いと思ってもらうためには、ターゲットに合わせた使い分けが必要です。

サブ写真の撮り方のコツ

細かく個性を伝えるサブ写真の女性向けのコツを紹介します。

オシャレな写真

オシャレな写真

Pairs(ペアーズ)の多くの会員に埋もれないために差別化を意識して、オシャレな写真をいれましょう。
男性も多くの女性の写真をみているため印象に残るものを載せておくことがおすすめです。

全身写真

全身写真

会員数の多いPairs(ペアーズ)では、細かい部分で比較をされます。
そのため、全身の体型や服装が分かる全身写真をUPすることで男性に情報を与えましょう。
会ったときのイメージが湧きやすいほどいいねはもらいやすくなります。

男性の興味を引く写真を載せる

男性の興味を引く写真を載せる

自分の好きなものだけでなく、男性が話をしたいと思える写真を載せておくことがおすすめです。
Pairs(ペアーズ)にはコミュニティ機能があるため、写真とコミュニティがマッチしたものを載せることが自分の趣味と近い人とつながることが可能です。

多くの人とマッチングしやすい女性の場合であればあえて、いいねをくれる人の範囲を狭めることは理想の人につながる方法として使えます。

【女性向け】Pairs(ペアーズ)でNGな写真

Pairs(ペアーズ)に向かない女性のNGな写真を紹介します。

加工しすぎの写真

加工しすぎの写真

肌の修正くらいの加工であればOKですが、明らかに実物と違う加工はNGです。
加工をすると顔が変わることは男性も知っているため警戒をされてしまいます。
また真剣に恋人を探している印象もなくなるので、真面目な出会いを求めている人ほどやめておきましょう。

露出の激しいもの

露出の激しいもの

露出の多い写真は「いいね」が増えます。
しかし、写真だけで判断をして中身を見ていない男性が多くなります。
そのため、自分の理想とする男性に会うことが難しくなってしまいます。

【男性向け】Pairs(ペアーズ)でおすすめのメイン・サブ写真

男性向けにPairs(ペアーズ)でおすすめの写真を紹介します。
Pairs(ペアーズ)では会員数が多いことを意識して、写真を載せましょう。

【男性向け】メイン写真の撮り方のコツ

女性に好印象になるメイン写真の取り方を紹介します。

清潔感は女性人気NO.1

清潔感は女性人気NO.1

実は男性の多くは清潔感のある写真を持っていません。
自撮りをしたものや昔の写真の切り抜きを使っていることが多いです。

そのため白Tシャツやジャケットを使った清潔感のある見た目にしておくと「いいね」が増えます。
また、髪型まで意識をしている人はさらに少ないためしっかりと髪型をセットするとより好印象に映ります。

【男性向け】サブ写真の撮り方のコツ

男性のサブ写真は女性をさらに引き付けることを意識しましょう。

別の角度の顔写真

別の角度の顔写真

男性の場合は顔がはっきりと分かる写真をサブ写真にも載せておきましょう。
一枚の写真だけでは「奇跡の一枚では?」と疑われることがあります。
一般的には男性よりも女性の方が外見を気にする傾向にあるため、安心させる材料は多い方が良いです。

旅行先の写真

旅行先の写真

旅行先の写真は女性との話のきっかけになりやすいのでおすすめです。
特に珍しいや食べ物や動物が「話を聞いてみたい」と感じる女性が多いためマッチング率は上がります。

【男性向け】Pairs(ペアーズ)でNGな写真

Pairs(ペアーズ)の女性から嫌われるNGな写真を紹介します。
Pairs(ペアーズ)では良い写真をあげている方が多いため、NGな写真を載せると全くマッチングしなくなるので気を付けてください。

自撮り

自撮り

男性の自撮りはNGです。
上手く撮れたかは問題ではなく、自撮りをしていると友達がいないと思われて避けられます。

写真がなかった場合はには自動タイマーを使って撮るか後述するプロに依頼することがおすすめです。

鏡を使った写真

鏡を使った写真

鏡に反射させて撮った写真も自撮りと同じく、交友関係に不安をあたえます。
また、鏡で撮ると暗い・真顔・不自然な笑顔になるため、写真自体の印象も悪いです。

決めすぎなポーズ

決めすぎなポーズ

Pairs(ペアーズ)では決めすぎな写真はやめておきましょう。
よっぽどのイケメンでない限りはナルシストに思われてしまいます。

Pairs(ペアーズ)に使う写真がないときはプロに依頼しよう

Pairs(ペアーズ)の写真がないときはプロに依頼する

他人に撮ってもらった写真がないのであればプロに依頼をすることがおすすめです。
マッチングアプリ専門のカメラマンが3,000円~10,000円ほどで探すことができます。
写真館などのスタジオで撮るよりもお手頃価格になっており、Pairs(ペアーズ)らしい自然な写真を撮ることができます。

特にPairs(ペアーズ)と公式で提携をしているPhotojoyであれば安心できます。
「いいね」を増やすために貢献してくれることでしょう。

Pairs(ペアーズ)を始めるならいいねが増える良い写真を撮っておこう

Pairs(ペアーズ)でいいねが増える良い写真を撮ろう

Pairs(ペアーズ)で「いいね」が増える写真について紹介をしました。
Pairs(ペアーズ)はマッチングアプリの大手であるため競争相手も多くいます。
しかし、異性から「いいね」をもらえるポイントを押さえた写真を使えば心配することはありません。

良い写真を撮って、理想の人に会うためのきっかけを作りましょう。

Pairs(ペアーズ)の口コミや使い方、料金や機能について徹底解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-Pairs(ペアーズ)