メンズメイク

メンズメイクでチークはあり!ナチュラルに見えるチークの使い方

mens make cheek

「メンズメイクのチークってどうすればいいの?」

顔の血色を良くするチークは女性の必須アイテムの1つですが、最近では男性の中にもチークをする人が増えてきています。
チークにはメンズメイクでも使うことができる商品や、男性にぴったりのカラーがたくさんあるんですよ。
この記事ではチークの種類や使い方、自分の肌に合う色の選び方、おすすめアイテムについて解説していきます。

メンズメイクでチークはあり?

question

チークとは頬に塗ることで血色をよく見せるもので、顔全体に立体感を出すことができます。
近年ではナチュラルな仕上りになるメンズメイクが流行っていますが、チークはありなのでしょうか?

実は、韓国ブランドにはメンズも使うことができるチークを販売しているところもあります。

(出典:Rakuten「LAKA商品ページ」

肌の色にあったチークを選ぶことで、柔らかく頬が色づき、全体で気に柔らかい印象を与えますね。

また、最近日本ではアイドルやタレントだけでなく、お笑い芸能人もメンズメイクに挑戦するようになっています。
肌悩みをカバーするようなバレないメンズメイクが主流となっていましたが、派手なメンズメイクの需要も高まっており、チークがあることで一層華やかな仕上りになりますね。

cheek

(出典:VoCE「彫り深に見せるカーキな目元と紅潮チークでセクシー爆盛り」

良い口コミ

世間ではメンズメイクとしてチークをすることに対して肯定的な意見を持っている人も多いです。

色白の男性や目が大きい男性にはチークがよく似合いますね。
チークを塗ることで、かわいらしい顔の雰囲気になるので、イメチェンしたい人にはおすすめです。

悪い口コミ

一方でメンズがチークをすることへに対して批判的なコメントもあります。


チークをすると、相手に中性的な印象を与えることがあるので、普段見慣れていない人は多少違和感を感じるようです。
不自然な濃すぎるチークは、女装をしているように見えてしまうこともあるので、初心者は肌なじみのよい自然な仕上りを目指すといいですね。

失敗しないメンズメイクのチークの使い方

pallet3

チークは、目尻と小鼻が延長線で交わるところの少し外側の点、チークポイントに塗るようにするのがおすすめです。
探すのが難しいひとは、笑った時に盛り上がる頬骨の上を目安に塗るようにするといいです。

チークを一度指に取り、チークポイントを起点に内側、外側へとチークを軽く広げながら塗ります。
チークが付いていない部分の境目を指などで優しくぼかすようにすると自然な仕上がりになります。

cheek point

(出典:ちふれ「失敗知らず!チークポイントでイキイキ美人に」

メンズメイクでチークをすることは少しずつ浸透してきていますが、普段使い慣れていない男性が突然使うと、間違えて失敗する恐れがあります。
よくある2つの失敗例と、失敗しないためのメイク術について紹介します。

よくある失敗例:付けすぎ

メンズがよく失敗しがちなこととして、適切な量が分からずに付けすぎてしまうことがあります。
チークがどれくらい発色するか分からない場合、最初は少量をつけるようにして、徐々に重ねてぼかしていくのがおすすめです。

よくある失敗例:塗る場所が不自然

チークはみんな同じ場所に塗ればいいというものではありません。
輪郭別に塗る場所が異なるので、自分の顔の形に合ったチークの入れ方にしてみてください。
輪郭別のチークを入れるポイントは以下の通りです。

面長:顔の長さが強調されないように、頬骨よりも下に横長に入れる
丸顔:顔が広がって見えがちなので、頬骨からこめかみに向かって斜めに入れる
逆三角形:シャープに見えるので、頬の内側からふんわりとした円を描く
エラ張り:下膨れに見えるので、エラ部分と、頬骨からこめかみに向かって楕円形にいれる、

メンズメイクで使うチークの色の選び方

pallet2

店頭のメイクコーナーを見てみると、沢山のチークが並んでいて、何色を買えばいいか迷ってしまいますよね。
この章では、自分に合うチークの色選びのポイントについて紹介していきます。

肌色に合わせて選ぶ

チークは、肌の色に合うカラーを選ぶのがおすすめです。
元の肌がイエローベースで、黄色みがかった橙色の肌の人はオレンジが合います。
元の肌がブルーベース、青みがかったような白い肌の人は、ピンクが合います。

自分の肌がイエローベースかブルーベースか分からない人は血管の色でも判断することができますよ。

base

(出典:KOJI「【チークの入れ方徹底攻略!!】丸顔さんも面長さんも今よりかわいく♡」

チークの色の印象

チークは仕上りの印象でも色を決めることができます。以下に色による印象をまとめておきますので、自分が目指す印象に合わせて利用してみてください。

  • ピンクはやわらかく可愛らしい印象
  • オレンジはヘルシーで元気な印象
  • コーラルピンク(オレンジとピンクの中間色)やベージュは、ナチュラルな印象
  • 赤は洗練された印象

わからない時は美容部員に聞く

自分の肌の色が分からない人や、自分に合ったカラーを選んで欲しい人は、店舗に行き美容部員さんに聞くようにするといいですよ。
チークはこの章で紹介したカラー以外にも、茶色や紫と言った珍しいカラーもあります。

ラメ(キラキラしたパウダー)が入っているか入っていないかといった細かい違いもあるので、専門家の意見を聞きましょう。

メンズメイクで使うチークの種類の選び方

brush

チークの種類はパウダー、クリーム、リキッドの3種類があります。
この章ではそれぞれのタイプの特徴とおすすめの商品について紹介していきます。

定番はパウダーチーク

パウダーチークは粉状になっているもので、ブラシでチークを肌につけます。
ブラシを使うことでふんわりと色づくので、チークに慣れていない初心者におすすめです。
ファンデーションに馴染みやすく、ムラになりにくいので女性もパウダーチークを使っている人が1番多いです。

LAKA

ラカの ジャストチークは男性モデルを起用したジェンダーニュートラルの韓国コスメです。
光が透過されたようになクリアで透明感のあるチークが、肌に健康的なつやを与えます。

値段は1,780円。無彩色に近い肌色のカラーが多く、自然な仕上りになるので、初心者の男性に特におすすめです。

CEZANNE

セザンヌのナチュラルチークはなめらかな使い心地で、ベージュ系オレンジが人気です。
肌の色に近いやわらかいオレンジが、ナチュラルに色づく肌に仕上げてくれます。

パールも入っているので、ほんのりツヤが出て、立体感のある顔立ちになりますよ。
値段は396円とワンコイン以下で購入できるアイテムなので、初めて使うチークとしておすすめしたい商品です。

肌馴染みが良いクリームチーク

クリームチークは練り状になってて、指で塗ると体温でじゅわっと溶け、肌によく密着します。
パウダータイプに比べると油分が多く、発色がいいのできれいな色が長時間持ちます。

指でとんとんと叩き込むようにぼかすと、表面はパウダーのようなさらっとした仕上りになります。
肌馴染のいいアイテムなので、乾燥が気になる人におすすめです。

canmake

キャンメイクのクリームチークは、薄く重ねることで自由自在に思い通りの色を表現することができます。
とろけるように肌に馴染み、透明感のある発色で、赤く色づくほっぺを再現してくれます。
値段は638円です。
日本人の肌に馴染みやすいカラーになっているので、自分に合う色が分からない人のお試し商品としてもおすすめです。

stila

スティラコンプリートハーモニーリップ&チークは、スティックタイプのチークになっています。リップとしても使うことができる優れもので、ベタつかず、ムラなく肌に密着します。
値段は3,832円です。
柔らかく溶け込む高密着クリームなので、使用感を大事にしたい方におすすめです。

みずみずしいツヤ感のリキッドチーク

リキッドチークは、唇につけるグロスや、ネイルのような液体状になっているチークです。
みずみずしく発色し、ツヤっとした潤いのある肌に仕上げてくれます。

発色がいいので、指やブラシで少量を頬の高い位置につけ、少しずつぼかしながら広げるようにして下さい。

majyolica majyorca

マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チークは、ひとぬりで肌にとけこんで、自然な血色を演出します。
ポイント使いしやすい極細の筆がフタの部分についており、肌につけるとスルスルと伸びます。
値段は922円です。
発色がよく、肌にのせると少量のパールが控えめなツヤを出してくれるので、鮮やかな仕上りにしたい人におすすめです。

Im meme

アイムミミ アイムベアリキッドチークは、持ち運びに便利な小さめサイズの韓国コスメです。
健康的な太陽のような発色で、ヌーディでありながら美しいメイク感を目指しています。
塗りやすいリキッドタイプのチークなので、簡単に指やメイクスポンジで混ぜてお肌に浸透させることができます。
値段は1,584円です。
天然顔料で作られた軽い付け心地のチークを探している人にぴったりの商品です。

メンズメイクはチークで顔の印象を明るくしよう

pallet

メンズメイクでチークを使うことによって、血色をよくすることができます。
チークは付ける量によって発色を調整することができるので、初心者でも挑戦しやすいですね。
自分の肌の色に合うチークを使って、明るい印象の顔をつくりましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メンズメイク