メンズメイク

uno(ウーノ)のメンズメイク商品やスキンケア商品の特徴と使い方を徹底解説

uno mens make

「uno(ウーノ)にはどんなメンズメイクアイテムがあるの?」

uno(ウーノ)といえばヘアワックスで有名ですが、最近ではuno(ウーノ)でメイクアイテムを揃える男性も増えています。
この記事ではメンズメイクで使えるuno(ウーノ)のアイテムの特徴や使い方、取り扱い店舗について解説していきます。

さらに、土台となる肌を整えるuno(ウーノ)のスキンケアアイテムについても紹介しているので、ぜひ見てみてください。

メンズメイクができるuno(ウーノ)ってどんなブランド?

UNO

(出典:UNO,「TOP」

uno(ウーノ)は資生堂から誕生したブランドで、多様な個性を自由に楽しめ、清潔感ある第一印象を演出するアイテムが数多く揃っています。
名前はイタリア語でナンバーワンを表し、「ナンバーワンのカッコよさをサポートする」が発足時のコンセプトでした。

ブランドは1992年の立ち上げ当初、おしゃれへの感度が高い10~20代を対象にしていました。
当時は整髪料でしっかりと髪を抑えるスーツスタイルがはやっていたことから、商品展開はスタイリング剤などが中心でした。

2016年のブランドリニューアルとともに、コンセプトを「大人への進化」とし、自分を大人に引き上げたい10代後半の男性から30代男性をターゲットに変更しました。

現在では1,000円以下で購入できるワックスやスキンケアアイテムが人気で、ドラッグストアでもよく商品を見かけますね。

そんなuno(ウーノ)から「第一印象は、速攻つくれる」をテーマにしたメンズコスメが登場しました。

uno(ウーノ)のメイクアイテムは、皮脂の量が女性よりも多く肌がテカる半面、潤いがなくてかさつくという男性の肌悩みに着目し、「馴染みにくい」というメイクへの不安も解決してくれる商品になっています。

最初にテスト販売したBBクリームは市場にほとんど流通しておらず、当時としては珍しい新規性の高い商品でした。

しかし、店頭でのプロモーションを行うと、品切れ寸前の大ヒットとなり、在庫を調整しつつ全国展開をすることになりました。

現在ではリップ、アイブロウも販売されており、uno(ウーノ)のメンズメイクアイテムの人気は益々高まりそうです。

uno(ウーノ)おすすめメンズメイクアイテム

BBcream

uno(ウーノ)のメンズメイクアイテムは、初めてメイクをする男性でも安心して使うことができるように失敗しない工夫がなされています。

この章では、男性の肌質や使いやすさを追求して作られた3つのアイテムを紹介していきます。

フェイスカラークリエイター

uno bbcream

フェイスカラークリエイターは、化粧下地とファンデーションが1本で済むBBクリームで、洗顔で落とすことおができます。

他社製品が肌色のクリームで作られているのに対し、フェイスカラークリエイターは、薄い肌色のクリームを肌にのばすと、色が変化して自分の肌の色になじむという仕掛けがあります。

非常にのびが良いクリームになっているので、厚塗りになりすぎる心配もなく、初心者におすすめのアイテムです。
さらに、カバータイプは毛穴やニキビ跡などの隠しにくい部分をしっかりカバーしてくれる商品です。

アレルギーテスト、ノンコメドジェニックテスト済みなのでニキビ肌の人も安心して使うことができますね。

また、潤い成分や凹凸が補正できるオイルコントロールパウダーが配合されているので、肌の質感をなめらかに整えてくれます。
カラーは2色展開で、肌色が明るめな人はカラーレベル3を、暗めな人はカラーレベル5を選ぶようにしましょう。
値段は1,298円です。

使用方法は以下の通りです。

  • BBクリームを利き手じゃない方の手の甲に小豆一粒分出す
  • 洗顔後、額、鼻、両頬、顎の5箇所にクリームをのせる
  • ムラがないように全体に薄く広げる

バランスクリエイター

バランスクリエイターは、眉毛の薄い部分を描き足すペンシルタイプのアイブロウです。

筆圧の強い男性の中にはアイブロウがすぐに折れてしまうと悩んでいる人もいますが、uno(ウーノ)のアイブロウは太い芯になっているので折れにくいです。

涙型の形状になっているので、先端がとがっており、細くも太くも自由に書くことができます。
また、ペンシルの反対側には毛の流れを整え、自然にぼかすことができるブラシも付いています。

眉毛になじむナチュラルブラックになっているので、自然な仕上りにしたい男性におすすめです。
値段は、769円です。

使用方法は以下の通りです。

  • 眉毛をくしでとかし、はみ出た部分の毛をカット
  • 眉毛の大枠をペンの先で書く
  • 眉尻の場所を決める(眉頭~眉山:眉山~眉尻が2:3になるように)
  • 眉頭から眉山まで15℃の角度になるように眉毛の隙間をうめていく
  • 眉山から眉尻までの眉毛の隙間を塗る
  • ブラシや指で濃くなりすぎた部分をぼかす

オールインワンリップクリエイター

uno lip

ールインワンリップクリエイターは、自然な血色感を演出する男性用リップクリームです。
他のリップは薄い色づきや無色、乳白色の物が多いですが、uno(ウーノ)のリップはなんとグレーです。

唇に塗ると、体温でじゅわっと溶けて徐々に色が変化し、血色感のある自然な仕上がりになります。

カサつき、縦じわ、血色の悪さもカバーしてくれ、ベタつかないのでマスクの下でも使うことができます。
薄づきの淡いピンク色になるので、普段使いのリップケアとしてもおすすめです。
値段は、918円です。

使用方法は以下の通りです。

  • 唇の汚れをタオルでふきとる
  • 縦じわに沿ってリップを塗る
  • 乾燥が気になる部分は往復して重ね付けする

メンズメイクの土台を作るuno(ウーノ)スキンケアアイテム

face wash

メンズメイクをする時は、土台となる肌をスキンケアアイテムで整えてあげることが大切です。

uno(ウーノ)にはライン(全て同じブランドだけでケアすること)で使うことができるスキンケアアイテムが揃っています。
この章では洗顔料、化粧水、乳液の3つのアイテムを紹介していきます。

ホイップスウォッシュ

uno face wash

ホイップスウォッシュは、炭パウダーを配合したジェルタイプの洗顔料です。

uno(ウーノ)は男性の肌を研究して作られた洗顔料なので、炭パウダーが男性の気になるアブラを落としてサラサラ肌にしてくれます。
洗顔ネットであわ立てた時に密度の高い、重みのある泡ができると好評で、濃密な泡がスピーディーに泡立ちます。
値段は258円と非常にお手頃なので、決まった洗顔料がない方はぜひ一度試してみて下さい。

使用方法は以下の通りです。

  • 毛穴の開きを良くするためにぬるま湯(30~32℃)で予洗いする
  • 洗顔料を手に取り、洗顔ネット等でしっかり泡立てる
  • 皮脂が多い鼻と額を念入りに洗う
  • 力を入れずに優しく全体に泡を広げる
  • くるくるとマッサージをするように洗う
  • ぬるま湯(30~32℃)で洗い流しがないようにすすぐ
  • 清潔なタオルでふく

スキンバリアローション

uno toner

スキンバリアローションは、うるおいを長時間持続して、乾燥ダメージを受けやすい男性の肌を守ってくれます。

「テトラバリア成分」と言われる、水分の蒸発を防ぐ新成分を配合した化粧水になっています。

使い続けることで、シミ予防、肌あれ、乾燥小じわ、テカリ、かさつきといった男性の肌悩みにしっかりとアプローチしてくれます。

ややとろみのあるジェルっぽい液体がポイントで、肌触りがよくしっかり保湿してくれると好評を得ています。
値段は1,170円です。

使用方法は以下の通りです。

  • 化粧水を手の平に取る
  • 顔全体にまんべんなく化粧水をつけて馴染ませる

たったの2ステップで、しっかり化粧水が浸透してくれます!

スキンバリアエマルジョン

uno Emulsion

スキンバリアエマルジョンは、油分の多い男性の肌に合うように、ベタつきを抑えたサラッとした使用感の乳液です。

化粧水と同じ、男性の肌研究をもとにつくられた新成分「テトラバリア成分」配合した乳液です。
しっかり保湿しながら、エタノールや茶エキスで毛穴を引き締めてくれるので、男性特有の肌悩みをケアをすることができます。

プッシュ式のボトルでワンプッシュで定量が出てくるようになっているのも便利なポイントですね。
値段は1,230円です。

使用方法は以下の通りです。

  • 乳液を手の平に取る
  • 顔全体にまんべんなく乳液をつけて馴染ませる

uno(ウーノ)のメンズメイク用品が買えるお店

drugstore

uno(ウーノ)の商品は百貨店やドラックストア、コンビニ、スーパー等購入できる店舗が増えています。
中でもメンズメイク用品を取り扱っている店舗は以下の通りです。

  • ・マツモトキヨシ
  • ・ドン・キホーテ
  • ・東急ハンズ
  • ・ツルハドラッグ
  • ・ワタシプラス(資生堂公式)
  • ・Amazon
  • ・楽天


実店舗やオンラインショップでも購入可能なのでぜひお試し下さい。

uno(ウーノ)でなりたい自分になれる!メンズメイクを始めよう

point make

uno(ウーノ)のメンズメイク用品は3種類あります。肌悩みをカバーしてくれる商品ばかりなので初心者にもおすすめですね。

uno(ウーノ)のアイテムでメンズメイクをして、なりたい自分を手に入れましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メンズメイク