スキンケア

メンズ向けに化粧水・乳液を使う順番やおすすめの使い方、効果などを解説

toner

「化粧水と乳液の使う順番ってどうなのだろうか?」

メンズスキンケアを始めようと思い、化粧水と乳液を手に入れたのは良いものの、どっちを先に使えば良いのか分からずに迷う男性は非常に多いです。

実はメンズスキンケアの基本的な順番では、化粧水が先で乳液が後です。この記事では、なぜ化粧水が先で乳液を後に使うことがおすすめされているのかと、化粧水と乳液の使い方について解説をします。

メンズスキンケア初心者には化粧水→乳液の順番がおすすめ

toner2メンズスキンケア初心者には、化粧水を先に使い、乳液を使うことがおすすめです。なぜならば、メンズが使う一般的な化粧水は顔の水分を補給する役割を持ち、乳液が水分を保湿する役割を持つからです。

乳液は肌の上に膜を張るものなので、先に使ってしまうと化粧水が肌に入りにくくなります。
化粧水と乳液をセットで売っているブランドの場合は後ろに「○○の後に使用してください」と書いてあるので、心配な場合は確認してみてください。

muzirusi
見にくいですが、こちらの商品の化粧水の後ろには「洗顔の後」、乳液には「化粧水の後」と記載があります。

乳液が先のパターンもある

先に紹介した化粧水→乳液の順番を「一般的に」と紹介したのは例外があるからです。
数あるスキンケア商品の中には乳液を先に使って化粧水の浸透力を高め、化粧水の後に保湿クリームで保湿を塗るタイプがあります。

■例外的なスキンケアの流れ
乳液→化粧水→保湿クリーム

先に乳液を使うことは珍しいですが、化粧水を使ったあとに保湿をすることは同じです。
しかし、この流れでスキンケアをするケースは1%もないので、先に紹介した化粧水→乳液の流れを実践しましょう。

化粧水の前には洗顔で汚れを落とす

化粧水→乳液の流れの前には、顔の汚れを落とす洗顔をすることを忘れてはいけません。

しかし、朝と夜とでは洗顔の意味が変わることには注意をしてください。

夜のスキンケアでは、一日活動したときの脂や汚れを取るために洗顔料を使った洗顔をおこなうことがおすすめです。
朝のスキンケアでは、脂が溜まっていない状態で洗顔をし過ぎると乾燥の原因にもなるのでお湯のみの洗顔がおすすめです。

■夜のスキンケア
洗顔料を使った洗顔→化粧水→乳液

■朝のスキンケア
お湯のみの洗顔→化粧水→乳液

おすすめと紹介したのは、人の肌質によって脂の分泌具合が変わり、洗顔料を使った洗顔を朝も夜もおこなうことが良いこともあるからです。

自分の朝の肌のテカリ具合を見て、洗顔の仕方を変えてみてください。

化粧水・乳液の使い方!定番の順番を覚えよう

how to toner化粧水・乳液の使い方を画像を使って解説をします。迷いやすいポイントも解説しているので、これをマスターすれば基本的なスキンケアの順番はOKです。

もし、スキンケアをする際に上の画像のようなヘアバンドがあると、髪の毛が入らずにスムーズにできます。
今回はヘアバンドを持っている方も少ないので、使っていない方法で紹介します。

化粧水の使い方

洗顔をして、手を綺麗にした後に化粧水を使います。

①綺麗な手に化粧水を500円玉の大きさ程度出す。
how to toner2慣れるまでは多めに使っても大丈夫です。肌に水分が補給できないと化粧水の効果が落ちてしまうからです。

高校生などの元から肌の水分量が多い人の場合だと水分の補給のし過ぎはニキビの原因にもなるので、少しずつ自分の肌質にあった量に調節していきましょう。

②化粧水を人肌まで温める
how to toner3

肌に近い温度になると浸透力が上がると言われています。両手で化粧水を包み込んで10秒ほど待ちましょう。
急いでいる場合は飛ばしてしまっても大丈夫です。

③顔全体に化粧水をつける
how to toner4

顔全体につけるときには肌を擦ったり、叩いたりせずに手のひらを使って押し込むイメージで肌に染み込ませます。

④乾燥しやすい部分には追加でつける
how to toner5

目の下や頬の上の部分は乾燥しやすいので、普段から乾燥が気になる場合には追加でつけてもOKです。すでに水分が十分にあるところに追加でつけすぎると逆効果になる恐れもあるので、部分的に追加しましょう。

⑤肌全体に染み込ませる
how to toner6

化粧水を手のひらで肌に浸透させたら終了です。肌の上に水分が乗っていたり、乾燥してなければ、モチモチとした感触になります。

乳液の使い方

化粧水の後には保湿をするために乳液を使います。
①乳液を10円玉サイズ手に出す
how to emulsion乳液は脂を含むので、普段から脂が多めの人は少なめにしても大丈夫です。しかし、全く付けないと乾燥する原因になるので少しはつけましょう。

乳液はしっとりとした使用感なので初心者のうちは慣れないことが多いですが、1週間も使えば慣れるので最初は耐えてください。

②両手で人肌まで温める
how to emulsion2

化粧水と同じく、両手で乳液を人肌まで温めます。肌への馴染みが良くなるのでベタベタした感じも軽減されます。

③乳液を顔全体につける
how to emulsion3

乳液を顔全体に伸ばしていきます。伸ばす際には肌を強く擦らないように優しく伸ばしてください。
脂が普段から気になる方の場合は、オデコや鼻付近は最後に薄くつけるようにすることがおすすめです。

④全体に馴染ませたら終了
how to emulsion4

全体に乳液を馴染ませて、モチモチとした感じを作れたら完了です。馴染ませたとしても、肌がベタベタした感じが気になると思いますが、数分で気にならなくなるので安心をしてください。

化粧水・乳液の順番を覚えて、メンズスキンケア始めよう

how to toner emulsion化粧水と乳液の順番を画像を使って解説してきました。メンズスキンケアを正しく続けることで、肌の状態は少しずつ良くなってきます。
理想の肌や若々しい肌を手に入れるために、ぜひ今回紹介した手順で試してみてください。

  • この記事を書いた人

PhotojoyMagazine編集部

恋活・婚活のプロフ撮影サービスに特化したPhotojoyが立ち上げたWebメディア。女性に嫌われないための外見と恋活・婚活で上手くいくための情報を総合的にプロデュースしています。

-スキンケア