スキンケア

【メンズ美肌】冬に日焼け止めは必要?選び方とおすすめアイテム6選

sunguard winter

「冬でも日焼け止めは塗るべきなの?」

冬のメンズ肌のケアに日焼け止めは必要なのでしょうか。日焼けや紫外線による老化を防ぐため、夏に大活躍のアイテムですが、冬にも塗るのがおすすめです。

この記事では、なぜ冬も日焼け止めが必要なのか解説し、メンズにおすすめの商品も紹介します。

メンズは冬に日焼け止めが必要な理由

sunguard

日焼け止めは、日差しの強い夏だけ使用する人も多いですが、。実は、太陽の位置が低くなり、夏よりも日差しを浴びやすくなる冬こそ、日焼け止めは必須です。この章では、冬でも日焼け止めが必要な理由を詳しく説明していきます。

紫外線は一年中出ている

実は紫外線は一年中出ています。冬に日焼け止めは必要ないと思っている人も多いですが、下の図の通り、UV-Aは夏の1/2も降り注いでいます。

suncare data

(出典:キレイ研究室「冬でも紫外線対策が必要なワケ」

一方、肌に赤い炎症を起こすUV-Bは夏の1/4程度なので、冬は日焼けをする実感がなく、紫外線対策を怠ってしまいがちです。しかし、それは危険です。

UV-Aは、肌の奥まで届き、真皮を破壊します。真皮が破壊されてしまうと、シミやしわ、たるみに繋がります。冬だからと油断することなく、紫外線対策は年中しっかりと行いましょう。

冬は乾燥しやすい

冬は空気の乾燥により肌の潤いが不足しやすく、バランスの乱れから肌のバリア機能が弱まります。弱くなった肌は、紫外線の影響を受けやすいため、冬こそ肌を守る日焼け止めが大切です。

メンズの冬用の日焼け止めの選び方

sunguard2

日焼け止めにもたくさんの種類がありますよね。この章では、男性が日焼け止めを選ぶときに大切なポイントを、3つの項目に分けて紹介します。

使用感で選ぶ

日焼け止めにも、ジェル・クリーム・ミルク・パウダー・スプレーなど様々な種類があり、それぞれ使用感も異なるので、気に入った使用感のものを選びましょう。

ベタつきが気になる人はみずみずしいジェルタイプ、乾燥が気になる人にはしっとりとしたクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。肌をサラサラに保つパウダーやスプレーの日焼け止めもあるので、肌の状態や好みに合わせて選びましょう。

SPFとPA値で選ぶ

日焼け止めの効果を表すものとして、SPFとPAがあります。SPFはヒリヒリと赤くなる日焼けの原因となるUV-Bを防ぐ目安で、数値が高いほど効果が高くなります。PAはシミやしわの原因となるUV-Aを防ぐ目安で、+が多いほど効果が高くなります。

suncare data 2

(出典:FUJIFILM Beauty&Healthcare Online「「どのくらい」の量と頻度で塗るべき?」

日焼け止めの効果は高ければいいというものではなく、SPF50/PA++++など日焼け止めの効果が高くなれば、その分肌にかかる負担も大きくなります。

ウィンタースポーツをするときは、紫外線防御力が強い日焼け止めがおすすめです。反対に、日常の通勤や買い物には、日焼け止めの効果の高さより、肌への負担を考えて選びましょう。シーンに合わせて使い分けることが大切です。

性能で選ぶ

商品によって特徴も異なります。例えば、洗顔で落とせるものもや、ウォータープルーフで汗や水に強いものです。用途に合わせて選ぶようにしましょう。乾燥が気になる人は高保湿のもの、敏感な人は低刺激のものなど、肌タイプに合わせて選ぶことも大切です。

メンズにおすすめの冬用の日焼け止め6選

sunguard3

日焼け止めを選ぶときのポイントを踏まえ、メンズにおすすめの日焼け止めを6個紹介します。それぞれ特徴が異なるので、参考にしてみてください。

クリーム:NULL(ヌル)

null

NULL(ヌル)の日焼け止めは、乾燥から肌を守るヒアルロン酸を贅沢に配合しています。値段は40gで2,010円。高保湿のクリームタイプで乾燥しやすい冬に最適です。

ジェル:ニベアサン

nivea

ニベアサンは、ベタつかずサラッとした使用感の日焼け止めジェルです。値段は80gで620円。SPF50+PA++++で日焼け止め効果が高く、ウォータープルーフで汗に強いので、スポーツにぴったりです。

スプレー:スキンアクア

skinaqua

スキンアクアは、素肌のようなサラサラ感が持続するスプレータイプの日焼け止めです。値段は50gで900円。ひと振りで使えるので、忙しい朝のケアや、塗り直しにも向いています。

ミスト:アロベビー

alobaby

アロベビーは、オーガニックの日焼け止めミストです。値段は80mlで2,585円。日焼け止め特有の嫌なにおいがなく、レモングラスやローズマリーの優しい香りが使いやすく、せっけん不要でお湯で落とせるのが特徴です。

敏感肌:まも肌ベビー

mamohada

まも肌ベビーは、デリケートな赤ちゃんでも使えるほど、肌に優しい日焼け止めです。値段は50gで1,980円。無添加で敏感肌を対象にしたパッチテスト済みのため、肌が弱く荒れやすい方でも安心して使えます。

大容量:ビオレUV

Biore UV

ビオレUVは、みずみずしい使用感の日焼け止めで、ベタつかず肌になじみます。値段は85gで1,051円。大容量で、顔だけでなく体にもたっぷり使えます。

メンズの冬用日焼け止めに関するよくある質問

Q&A

日焼け止めはどのように使えばいいのか、メンズ向けは女性用とどう違うのか、分からないこともたくさんありますよね。この章では、日焼け止めに関するよくある質問に答えていきます。

日焼け止めはどのタイミングで塗ればいい?

日焼け止めは、化粧水や乳液などのスキンケアの後に塗りましょう。落とす時はお湯や洗顔料で落ちるものもあれば、クレンジングが必要な商品もあるので、確認しましょう。

日焼け止めはどれくらいの量塗ればいい?

日焼け止めには、商品ごとに決められた最適な使用目安があります。商品や箱の裏に「1円玉大」「やや大きめのパール粒大」など、使用量の目安が表示されているので、参考にしましょう。

日焼け止めはどれくらいの頻度で塗ればいい?

日焼け止めを塗り直す頻度は「2~3時間ごと」が理想的です。どんな日焼け止めでも、数時間ごとに塗り直すとよいでしょう。こまめに塗り、日焼け止めがヴェールのように肌を覆って、紫外線を跳ね返せる状態を保つことが大切です。

ニキビがある時も日焼け止めを塗っていいの?

紫外線を浴びると活性酸素が発生して、ニキビの炎症が重くなってしまいます。また日焼けしてしまうことで、色素沈着を起こしニキビ跡にも繋がりやすいです。ニキビの治療中こそ、敏感肌用の日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

女性用の日焼け止めとは何が違うの?

男性の肌は女性に比べて皮脂量が3倍もあるため、メンズ向けの日焼け止めは「さっぱり」としています。また汗をかきやすいため、撥水性に優れているものが多かったり、シェービング後の肌を労わる整肌成分配合の日焼け止めも多いです。

メンズは冬用の日焼け止めで紫外線対策をしよう

sunguard4

夏だけでなく、冬の肌も紫外線のダメージを受けてしまいます。メンズが使いやすい日焼け止めもあるので、油断しやすい冬こそ、日焼け止めを塗って紫外線対策をしっかりとしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

恋活・婚活のプロフ撮影サービスに特化したPhotojoyが立ち上げたWebメディア。女性に嫌われないための外見と恋活・婚活で上手くいくための情報を総合的にプロデュースしています。

-スキンケア