Photojoy カメラマンインタビュー

AS A PFOTOGRAPHER #03 SOYOKA

2020年2月25日

カメラマンインタビュー

Photojoyがお届けするPhotojoy専属カメラマンの素顔に迫る「AS A PHOTOGRAPHER 」インタビュー連載。第三弾を飾るのは、SOYOKA 。映像クリエイターとカメラマンそして被写体モデルというカメラの人。独特な表情か引き出せしたり自然な表情を引き出せることが彼女の強み。そんな映像クリエイター兼カメラマンのSOYOKAに迫る。

-現在の年齢は?
24歳です

-現在の職業は?
映像クリエイター、フォトグラファー、被写体モデル

-カメラ歴は
1年

-愛用カメラは?
Canon kiss 

-カメラにはまったきっかけは?
元々北海道で被写体モデルをしていました。色んな写真をみていてカメラに興味を持ち始めたのがきっかけです。被写体でいろんな写真を撮られる中で男性カメラマンが女性を撮影すると期にはもっと良い表情を撮れるんではないかなと思って、自分でもカメラを始めてみました。

-カメラマンとして一番大切だと感じることは?
コミュニケーションです。ポージングや写り方も大事な要素だと思うんですけど、撮影は必ずコミュニケーションから始まり、コミュニケーションで終わります。
また被写体の人柄を知ったうえで撮影している時としてない時では被写体の表情は大きく違います。撮影中に一番大切なのはコミュニケーションによってその人の良さを引きだすことだと思いますね。

あとは、被写体の写真が誰に見られることになるのかも考えています。その人の写真を見た人が「このひと凄い魅力的」そう思って頂けるような写真を撮影することも大切だと思います。

-「写真一つで恋愛のきっかけを創る」というPhotojoyのビジョンについては?
マッチングアプリは写真を見て、相手の印象を決めると思うので、写真を通じて恋愛や出会いのきっかけを創れるのは間違いないと思います。
写真を見た時に「なんか、いいなこの人」と思って貰えることは、見てる人の期待値をあげてくれるので恋愛のサポートにも繋がると思いますね。
そういう意味では、その人の好さを引き出すことがPhotojoyの役目だと私は思ってます。マッチングアプリのプロフィール写真って奥深いですね。

-Photojoyカメラマンとして撮影中の一番のやりがいは?


被写体の方の自然な笑顔や、今までにはない表情を見つけて頂いたときです。そういう時に「こんな自分もいるんだ」「自然な表情を引き出してくれてありがとうございます!」って感謝の言葉を頂けると素直に嬉しい気持ちになりますね。もっとがんばろって思います。

-マッチングアプリについては?
正直最初は良い印象はありませんでした(笑)ただ、私が北海道から東京に上京してきてばかりで友人も恋人もいないのでTinderをダウンロードしたんですけど、そこで男性の気の合う友人がたまたまできて。
マッチングアプリでも友人ができるんだと思ったのが最新の印象なので、マッチングアプリ凄い!!ってなりました。
ですので、マッチングアプリのプロフィール写真撮影のお仕事を頂いたときは、「面白そう!!」てなりました。

-人に撮影されることの良さとは?(プロフィール写真を撮られることの良さについて)
新たな自分の一面を見つけることができるのでそれは撮影の良さと思います。

元々私が自分の横顔に自信がなかったんですけど、自分のプロフィール写真の横顔撮影をプロカメラマンに初めてお願いした際に、「自分の横顔ってけっこう可愛いな」と思って(笑)。それでその写真をSNSで発信したら、「撮影させてください!」とコメントが来るようになりました。それをきっかけに第三者から見た自分を知ることができることに良さを感じました。写真撮影は自分に自信をつけることができますね。

-撮影を通じて何を届けたい?
その人が持つ世界観を届けたい
。その人のことを知ってもらいたい。その人の良さを人に伝播させたい。いつもこの思いで撮影をしています。
マッチングアプリのプロフィール写真撮影も同じで、写真を通じてその人の良さをマッチングアプリの画面の向こうにいる人たちに届けたいです。

・撮影の時に気をつけているけていることは?
表情が本当に一番大切なので、顔の作り方を結構指示しますが人によっては表情レベルが様々なので、「かっこいい表情をして下さい」と指示する人もいれば、「もう少し顎を引いて目を寄せてもらっていいですか?」みたいな感じで、細かく指示する時もあります。後は、その人の良さを演出できそうな曲を聞いてもらたりもします。もちろん即興でですが。でも意外と皆さん表情を創ってくれるんですよね、

・カメラマンとして自分のバリューは?


瞬発的に撮れること。色見の使い方。エモさを引き出すことです。「ふわふわしてる」写真を撮るのが得意です。

-クリエイターとしての活動について
MVをYoutubeでみてクリエイターになろうと思いました。自分も表現者としてクリエイターとして活躍できるんじゃないかなと思ってYoutuberを見ていたら、いつの間にか動画制作に没頭してました。
それで東京に上京して、今はクリエイターの方々が住んでいるシェアハウスに住んでいます。大物有名Youtuberの方ばかりなので、勉強させてもらいながら、今はMV制作・短編ドラマ制作の企画~編集まで一環して行い、MV制作に向けて日々修行してます。

-あなたにとって写真とは?
人柄です。

SOYOKAさんのTwitterはこちらへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

恋活・婚活のプロフ撮影サービスに特化したPhotojoyが立ち上げたWebメディア。女性に嫌われないための外見と恋活・婚活で上手くいくための情報を総合的にプロヂュースしています。

-Photojoy, カメラマンインタビュー
-,

© 2020 PHOTOJOY MAGAZINE Powered by AFFINGER5