アプリ

マッチングアプリの相手と会うまでの流れ、デートに誘う方法

マッチングアプリの相手と会うまでの流れ、デートに誘う方法

マッチングアプリって出会えるの?」

マッチングアプリを初めて登録する方にとってマッチングアプリは怪しいイメージがあるため、マッチングアプリで本当に出会えるのか心配になりますよね。

しかし、安心して下さい!
マッチングアプリでは出会うことができます。
テレビや雑誌でも特集が組まれるくらい当たり前の出会いになっています。

しかし、ただ登録しただけでは会うことはできないのも現状です。

そこで今回はマッチングアプリで出会うまでの流れを完全ガイドしていきます

マッチングアプリは出会える!

マッチングアプリは出会える!

マッチングアプリで出会った報告はSNSで多く上がっています。

中には出会いが多すぎて、土日が全部デートで埋まる人もいるくらいです。
一般的な出会いよりもかなり会えると言えるでしょう。

しかし、登録した人全員が会えるわけではなく会えていない人もいます。

つまり、ただ登録をするだけでなく出会うための対策を取らないといけないということです。
次の章からは本当に会うためのコツ紹介していきます。

マッチングアプリではマッチングから会うまでは2週間が目安

マッチングアプリではマッチングから会うまでは2週間が目安

マッチングアプリでは1週間以内にデートの約束をして、2週間以内に出会うことが平均的な流れです。
一般的な出会いよりも、かなり早く一対一で出会うことができます。
これはマッチングアプリはお互いが異性との出会いを求めているため、予定な駆け引きをする必要がないからです。

このため「なかなか出会いがない」「デートまでのやりとりが苦手」という方にはマッチングアプリでの出会いは非常におすすめです。

マッチングアプリでマッチングするためのポイント

マッチングアプリでマッチングするためのポイント

マッチングアプリで出会うためには、最初にマッチングをしないといけません。
出会いにつながるマッチングのポイントを紹介します。

写真は会ったときのイメージが湧くもの

マッチングアプリの写真は相手に自分のイメージを伝えるもの1週間以内にデートの約束をして、2週間以内に出会うです。
そのためSNSに載せるものとは写真の内容を変えないとマッチングする数が減ってしまいます。
メイン写真・サブ写真の特徴を意識して写真を載せましょう。

メイン写真はバストアップで顔や表情がわかるように



顔や表情がわかる写真をメイン写真にしておきましょう。
マッチングアプリで最初に目に入るのものはメイン写真です。

メイン写真がわかりにくかったり顔が写っていなかった場合には、サブ写真やプロフィールまで見られないのでバストアップにしておくことがおすすめです。

サブ写真は3〜5枚で人柄と趣味を伝える

サブ写真は3〜5枚で人柄と趣味を伝える

サブ写真ではメイン写真で興味を持った人に人柄や趣味を伝えて話をしたいと思わせることが目的です。
自分のイメージを膨らましてもらうことで、メッセージにスムーズにつなげることができます。
また、共通点があれば出会うまでのメッセージのやりとりも盛り上がりやすいです。

プロフィール文章で中身を伝える

プロフィール文章では細かい自分の中身を伝えましょう。
写真では伝わらない、自分の好きなことや仕事を書くことで親近感が湧いてきます。

300~400文字程度書く

300~400文字程度書く

プロフィール文章は短すぎないように最低でも300~400文字は書きましょう。
「短すぎると本気で恋人を探しているのか?」と疑われてしまいます。
仕事・趣味・他人からどう見られているか・どんな人と出会いたいかの4項目を短く書いておきましょう。

仕事についてポジティブに書く

仕事についてポジティブに書く

恋人を探しているときに相手の仕事は重要です。
もし、お付き合いをするとなった際に仕事の愚痴が多かったり辞めそうという雰囲気を出されると別れを考えてしまうからです。

先々の不安を感じさせないためにも「仕事は大変ですが、お客様によろこんでもらえることが嬉しいです。」などポジティブに頑張っていることを書くことがおすすめです。

趣味を浅く広く

趣味を浅く広く

マッチングアプリのプロフィール文章には、多くの人に興味を持ってもらえるように趣味を広く浅く書きましょう。

お互いを知らない状態で共通点がなかった場合、マッチングをしたとしてもメッセージが続かず会うまでにつながらないことになります。
また、反対に1つのことを深く書きすぎると「実際に会ったら語られてめんどくさいかも。」という不安を与えかねないので、全体的に浅く書いておいて好きなものは「特に野球が好きです」など少しだけ強調するようにしましょう。

詳細情報は正直に

詳細情報は正直に

年収・身長・学歴・体重など詳細情報は正直に書きましょう。
会うまではいけたとしても、嘘はいつかばれるのでお付き合いまでいくことが難しくなります。

変えられない場所は変えずに、プロフィール文章や写真で工夫するようにしましょう。

マッチングアプリで会うまでのメッセージ

マッチングアプリで会うまでのメッセージ

一般的なアプリではマッチングをしたら会うまでにメッセージが必要です。
しかし、1通目からメッセージが返ってこないことも少なくありません。
ここではつながりやすいメッセージについて紹介します。

初回メッセージの返信率を上げるコツ

初回のメッセージで何も考えずに送ってしまうと最初からめんどくさいと思われてしまうため、初回のメッセージはコツを押さえておかないといけません。

それもそのはずで、マッチングアプリでは何回何十回と初回のメッセージをこなしているため、同じやりとりをすることにストレスを感じてしまうからです。

しかし、初回のメッセージは今回紹介するものをそのまま使っていただければ、相手のストレスを減らし返信率をあげることができます。

お礼はマナー

お礼はマナー

メッセージの最初には「マッチングありがとうございます。」などお礼を加えましょう。
実際に初めて会う人がいた場合はお礼をすること同じです。
マッチングアプリだと顔が見えないため礼儀がおろそかになりますが、お互いが気分良くなるためにもお礼は忘れないようにしてください。

呼びやすいように名乗る

呼びやすいように名乗る

相手の印象に残りやすくするためにも、最初のメッセージで名乗りましょう。
名前の設定を本名にしておいても、一度名乗ることで「〇〇さんよろしくおねがいします」と名前を呼んで記憶に残りやすくなります。

マッチングアプリでは多くの方とやりとりをしている人が多いため。少しでも記録に残るようにするとプラスに働いてくれませ。

いいねをした理由を書く

いいねをした理由を書く

真剣度を伝えるためにいいねをした理由を書きましょう。
ただの挨拶のみでは「適当にマッチングしたのかな?」と真剣度を疑われてしまいます。

いいねをした理由を付け加えることで、本気で興味があるということを伝えることができます。

返しやすい話題を振る

 
返しやすい話題を振る

最後はプロフィール文や写真で目についた内容を返しやすいように質問をしましょう。

お互いのことを知らないうちは話題を考えるだけでストレスに感じます。
その負担を相手にかけないことで、返信率を上げるコツです。

プロフィールや写真に書いてある内容に触れておけば外れることはありません。

2通目以降でメッセージを続けるコツ

ここからは出会うための2通目以降のメッセージを紹介します。
2通目以降はデートの約束をするためのつなぎという意識をもってやりとりをしていきましょう。

相手の感情を聞く

相手の感情を聞く

メッセージをするときには話を広がることを意識しましょう。
その際には感情について聞くことがおすすめです。

例えば、
「いままで一番好きだった旅行先はどこでしたか?」
「旅行先で一番美味しかっった食べ物はなんですか?」

などは、旅行先や食べ物について深く聞けるので話題は広がりやすいです。

駄目な例としては

「どこ行ったの?」
「何食べたの?」
「誰と行ったの?」

など、ただの事実を聞くだけでは尋問になってメッセージが途切れてしまうのでやめておきましょう。

自分のことを簡単に話す

自分のことを簡単に話す

質問をするときには「僕は新宿によく行きますけど、〇〇さんはどちらに行くことが多いですか?」など自分のことから話すようにしましょう。

質問ばかりされると「なんで自分ばかり聞かれているのだろうか」と不安になってしまいます。

また、自分のことを伝えることで相手が答えるときのある程度の指標になり話やすくなります。

例えば、「どこに遊びに行くの?」と聞かれた際には

「近くの公園」
「最寄り駅のカフェ」
「都内に買い物」
「そもそも遊びに行かない」

など様々な選択肢が浮かび悩みますが、最初に「新宿」という大きなカテゴリーで答えているおかげで「渋谷」「横浜」など同じカテゴリーで返答をしやすくなっています。

これは旅行先や食べ物、休日の過ごし方など色々な場面で使えるので試してみてくだしい。

食事の会話をする

食事の会話をする

マッチングアプリで会う約束をするために食事の話をしておきましょう。
マッチングアプリの初デートではカフェや食事にいくことが多いです。

食事の話をしておくことで自然にデートに誘うことができますし、好みを把握することができます。

返信は1日1通程度

返信は1日1通程度

返信のペースは1日1通を目処にしておきましょう。
仲が良くなっていれば速いペースでやりとりをして良いですが、お互いを知らない状態であれば話題がなくなるリスクがあります。

反対に2日以上空いてしまうのも興味がないと思われてしまうため、1日1通程度が適切です。

初デートに誘うコツ

メッセージが続いてお互いのことをある程度知ることができたらデートに誘いましょう。
マッチングアプリでは相手が多くの人に誘われていることを前提にやりとりをすることがコツです。

少ないやりとりで場所と時間を決める

日程調整のやりとりは可能な限り短く済ませましょう。
やりとりがうまくできずにダラダラとしてしまうと、会うまでの約束ができたとしても、ドタキャンや音信不通になってしまいます。

画像のように2ラリーで終わるようにスマートに提案することが理想です。
男性の場合は短く日程調整を済ませることで女性から「仕事のデキる人かも。」と期待感をあげることができます。

「会いたい」とはっきり伝える

マッチングアプリでは無駄なやりとりをなくし、ストレートに「会いたいです」と伝えましょう。
マッチングアプリは異性との出会いを求めているものなので、恥ずかしがることはありません。

むしろ、「日曜日空いていますか?」「土曜日何してますか?」など遠回しに聞くことは逆効果です。

一般的な出会いではデートに誘うことは恥ずかしいと感じますが、マッチングアプリでは自然なことのため、気にせずで大丈夫です。

マッチングアプリでデートの約束してから会うまで

デートの約束まで出来たら後少しです。
デートを成功させるために最後の準備をしておきましょう。

会うときに着る服装を決める

会うときに着る服装を決める

初めて会う日に着ていく服装を前日までに決めておきましょう。

マッチングアプリの出会いは一般的な出会いと違うとお伝えしてきましたが、異性と会うことには変わりがありません。

そのためデートにふさわしい服装が必要です。
男性であれば「清潔感ある爽やかな服装」が女性から好印象になります。
女性の場合「ナチュラルメイクで派手すぎない服装」が男性から好印象です。

決して当日に焦って服装を決めて、シワや汚れのある服装を着ないように気をつけてください。

会う場所の予約をできたらしておく

会う場所の予約をできたらしておく

初めて会う場合には可能であればお店の予約をしておきましょう。

初めて会った方とお店の前で待つのは大変気まずいです。また、お店を探してぐるぐる歩き回ることもみっともないです。
特に男性の場合はエスコート力がないと女性に見切られてしまう可能性があるので気をつけてください。

会う約束が決まったらすぐに予約をしておきましょう。

前日にリマインドする

前日にリマインドする

デートの前日には、予定の確認メッセージを送っておきましょう。
事前の確認をすることで、マメは人だと好印象を与えることができます。

また、マッチングアプリの出会いに不安がある方にとっては「本当にくるのかな?」と思っていることもあります。
この不安を取るためにも「明日はよろしくおねがいします。楽しみにしています。」と送っておくことで不安を取り除き楽しいデートを過ごすことができます。

当日は早めに着いて待ち合わせ場所の確認

初めての場所で会うときには、相手が困らないようにわかりやすい場所を見つけておきましょう。
お互いが緊張をしている状態なので、待ち合わせはすれ違いがおきやすいタイミングです。
わかりやすい場所の写真や、細かい改札からの行き方を伝えてあげると親切です。

マッチングアプリで会うまでは意外と簡単!

マッチングアプリで会うまでは意外と簡単!

一般的な出会いよりもマッチングアプリで会うことは簡単です。

マッチングアプリでは自分の周りにいない職業や価値観の人と出会うことができるので、自分に合った人を見つけることができるでしょう。

なかなか一般的な出会いがないという方は是非マッチングアプリを試してみてください。

おすすめのマッチングアプリ特集 メッセージのコツや写真の選び方も紹介

「マッチングアプリを利用したいけど種類が多くてどれを選んでいいかわからない」 このような悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。 マッチングアプリは自分の用 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Photojoy magazine 編集部

photojoy-editor

恋活・婚活のプロフ撮影サービスに特化したPhotojoyが立ち上げたWebメディア。女性に嫌われないための外見と恋活・婚活で上手くいくための情報を総合的にプロデュースしています。

-アプリ

© 2021 PHOTOJOY MAGAZINE Powered by AFFINGER5